薬剤師転職 > 薬剤師転職-デメリットを払拭するには

薬剤師転職-デメリットを払拭するには

一般的に「転職」と聞くと、どうしてもマイナスなイメージが浮かびやすいのではないでしょうか。誰しも現在の職場に何らかの不満を抱え、その事から転職の二文字が頭をよぎる事もあるでしょう。ですが、多くの方は離職・転職を繰り返す事で自分自身の価値をしたげてしまうのでは?という思いから転職を思いとどまっているかと思います。
薬剤師転職・中高年からの場合

薬剤師に関してもそれは同じで、よりよい職場で活躍したいと願うと同時に「本当に転職してもいいのだろうか?」という不安もつきまといますね。はたして、薬剤師の転職はデメリットなのでしょうか?

現在、全体の薬剤師のうち年間1割の方が新たな職場でスタートを切っているのです。「現状維持」と「転職」と天秤にかけた時、どちらがより良い選択となるのでしょう。

上にも書きました通り、薬剤師は大変転職の多い仕事です。転職理由は千差万別、人それぞれ異なるものですので一概に申し上げる事はできませんが、少なくとも転職活動における面接で確固たる理由を述べる事が出来たからこそ、転職が成功していると言えるのではないでしょうか。

転職の理由として挙げられがちな「人間関係」や「収入への不満」は、面接の場で正直に話したところで受け入れられる事は少ないでしょう。つまり、転職の動機をポジティブなものに変換する事で採用担当へ与える印象を好転させているのです。

では、ポジティブな転職理由とはなんでしょうか?わかりやすいモノを例にすれば、「キャリアアップ」や「資格取得」などがあげられるのではないでしょうか。このような動機は面接官へのイメージが良い事はもちろん、あなたの転職をより実りのあるものに変える事ができます。「この度の転職で自分は向上できる!」という理由を固めておば、転職のデメリットは払拭されるのです。

そうやって固められたポジティブな転職理由に沿って求人選びを行えば、この度の転職によってあなた自身の価値を高める事さえ可能でしょう。


薬剤師はどこで活躍しているのでしょう?

一口に「薬剤師」と言っても、その活躍の場は様々です。「お薬屋さんで働いている。」と言ってしまえばそこまでですが、お薬屋さんも調剤薬局やドラッグストアなどいろいろなスタイルがありますよね。職場によっては業務内容はもちろん、適正も変わってくることがありますので薬剤師として働く選択肢にはどのようなモノがあるのかを理解しておきましょう。

一般的にイメージされる職場として挙げられるのは「調剤薬局」、つまり医師からの処方箋を元に患者さんへお薬を処方する薬剤師ではないでしょうか。現に現在活躍する多くの薬剤師は調剤薬局で勤務しているようですね。

調剤薬局で働く薬剤師は、単に薬を受け渡すだけではなく患者さんへ服用方法などの説明など重要な役割を担っています。薬剤への知識はもちろんですが、対人スキルもポイントとなってくるでしょう。

また、調剤薬局は病院のそばに設けられている事が多いですが入院患者に対して病院内で薬剤を処方するケースもあります。この場合薬剤師は、「病院」で勤務する格好となります。

次いでよく目にする薬剤師といえば、近年増加した「ドラッグストア」が挙げられます。ドラッグストアでは多くの場合薬剤以外の商品も取り扱っていますので、薬剤師としての知識以外にお店に並ぶ商品知識も把握しておく必要がありますね。

日用品や化粧品、オムツや調味料など、来店されるお客さんの目的は様々です。もちろん店舗で活躍するお仕事なので、調剤薬局の薬剤師同様に対人スキルも重要になってくるでしょう。

日常生活ではなかなか目にする機会の無い「製薬会社」で勤務する薬剤師もいます。社員として製薬会社に勤めるわけですので、大手になれば高収入も望める職場です。その業務内容は様々ですので一概に紹介はできませんが、研究に携わる方や治験の場で活躍する方、また営業職で薬剤師の知識を活かす方などいろいろなシーンで薬剤師の活躍がみられるようです。

薬剤師の仕事には、「調剤薬局」、「病院」、「ドラッグストア」、「製薬会社」、これら4つの種類があるという事です。